無駄にかっこいいコマンドプロンプト(Win10限定)

prompt_blur

前回の記事で、ウィンドウの背景を半透明ブラシにする方法が分かったが、この方法をコマンドプロンプトに適用してみたところ割と綺麗にいったので紹介する。

以下のプログラムは、コマンドプロンプトを起動して例の “SetWindowCompositionAttribute” を設定することにより、コマンドプロンプトの背景を半透明ボカシにするコード

白っぽい背景の場合は、文字が見にくくなるが、思った以上に綺麗に動作している。

プロジェクトのダウンロード

#include<windows.h>
 
BOOL bSetWindowBlur;
 
void SetWindowBlur(HWND hWnd)
{
    const HINSTANCE hModule = LoadLibrary(TEXT("user32.dll"));
    if (hModule)
    {
        struct ACCENTPOLICY
        {
            int nAccentState;
            int nFlags;
            int nColor;
            int nAnimationId;
        };
        struct WINCOMPATTRDATA
        {
            int nAttribute;
            PVOID pData;
            ULONG ulDataSize;
        };
        typedef BOOL(WINAPI*pSetWindowCompositionAttribute)(HWND, WINCOMPATTRDATA*);
        const pSetWindowCompositionAttribute SetWindowCompositionAttribute = (pSetWindowCompositionAttribute)GetProcAddress(hModule, "SetWindowCompositionAttribute");
        if (SetWindowCompositionAttribute)
        {
            ACCENTPOLICY policy = { 3, 0, 0, 0 };
            WINCOMPATTRDATA data = { 19, &policy, sizeof(ACCENTPOLICY) };
            SetWindowCompositionAttribute(hWnd, &data);
        }
        FreeLibrary(hModule);
    }
}
 
BOOL CALLBACK EnumWindowsProc(HWND hWnd, LPARAM lParam)
{
    DWORD dwProcessId;
    GetWindowThreadProcessId(hWnd, &dwProcessId);
    if (dwProcessId == lParam)
    {
        SetWindowBlur(hWnd);
        bSetWindowBlur = TRUE;
        return FALSE;
    }
    return TRUE;
}
 
int WINAPI WinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPreInst, LPSTR pCmdLine, int nCmdShow)
{
    PROCESS_INFORMATION pInfo = { 0 };
    STARTUPINFO sInfo = { 0 };
 
    sInfo.cb = sizeof(STARTUPINFO);
    sInfo.dwFlags = STARTF_USESHOWWINDOW;
    sInfo.wShowWindow = nCmdShow;
 
    TCHAR szCommandLine[MAX_PATH];
    if (GetEnvironmentVariable(TEXT("ComSpec"), szCommandLine, MAX_PATH) && CreateProcess(0, szCommandLine, 0, 0, 0, 0, 0, 0, &sInfo, &pInfo))
    {
        CloseHandle(pInfo.hThread);
        WaitForInputIdle(pInfo.hProcess, INFINITE);
        CloseHandle(pInfo.hProcess);
        while (!bSetWindowBlur)
        {
            EnumWindows(EnumWindowsProc, (LPARAM)pInfo.dwProcessId);
        }
    }
    return 0;
}

スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1