PathFileExists 関数を使ってファイルの存在を確認する

Windows でファイルを存在を確認する方法はいくつかあると思いますが、一番素直なやり方は PathFileExists 関数だと思います。引数としてファイルのパスを渡すとファイルが存在するとき TRUE。存在しないとき FALSE を返します。

この関数を使うためには、以下のように Lib と include をコードで読み込むようにします。

#pragma comment(lib, "shlwapi")
#include <shlwapi.h>

ファイルの存在確認。例えば C:\Windows\explorer.exe の存在確認は

if (PathFileExists(TEXT("C:\\Windows\\explorer.exe")))
{
	MessageBox(NULL, TEXT("ファイルは存在します"), TEXT("確認"), MB_OK);
}

というように書きます。

参考サイト: https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/windows/desktop/bb773584(v=vs.85).aspx


スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1