Hello World!(ウィンドウのクライアント領域に文字列を描画する)

helloworld

ウィンドウのクライアント領域に文字列を描画するには、WM_PAINTで描画処理を記述します。(WM_PAINTイベントはウィンドウの更新が必要になったときにシステムから呼び出されます。)

通常は下記のように、BeginPaint 関数と EndPaint 関数の間に描画処理を書きます。

PAINTSTRUCT ps;
const HDC hdc = BeginPaint(hWnd, &ps); // ココから
LPCTSTR lpszHello = TEXT("Hello, World!");
TextOut(hdc, 10, 10, lpszHello, lstrlen(lpszHello)); // 指定した位置に指定した文字列を描画する
EndPaint(hWnd, &ps); // ココまでの間に描画処理を書きます

ハローワールドのプログラム全体は下記のようになります。
プロジェクトのダウンロード

#pragma comment(linker,"\"/manifestdependency:type='win32' name='Microsoft.Windows.Common-Controls' version='6.0.0.0' processorArchitecture='*' publicKeyToken='6595b64144ccf1df' language='*'\"")

#include <windows.h>

TCHAR szClassName[] = TEXT("Window");

LRESULT CALLBACK WndProc(HWND hWnd, UINT msg, WPARAM wParam, LPARAM lParam)
{
	switch (msg)
	{
	case WM_PAINT:
		{
			PAINTSTRUCT ps;
			const HDC hdc = BeginPaint(hWnd, &ps);
			LPCTSTR lpszHello = TEXT("Hello, World!");
			TextOut(hdc, 10, 10, lpszHello, lstrlen(lpszHello));
			EndPaint(hWnd, &ps);
		}
		break;
	case WM_DESTROY:
		PostQuitMessage(0);
		break;
	default:
		return DefWindowProc(hWnd, msg, wParam, lParam);
	}
	return 0;
}

int WINAPI WinMain(HINSTANCE hInstance, HINSTANCE hPreInst, LPSTR pCmdLine, int nCmdShow)
{
	MSG msg;
	WNDCLASS wndclass = {
		CS_HREDRAW | CS_VREDRAW,
		WndProc,
		0,
		0,
		hInstance,
		0,
		LoadCursor(0,IDC_ARROW),
		(HBRUSH)(COLOR_WINDOW + 1),
		0,
		szClassName
	};
	RegisterClass(&wndclass);
	HWND hWnd = CreateWindow(
		szClassName,
		TEXT("Window"),
		WS_OVERLAPPEDWINDOW,
		CW_USEDEFAULT,
		0,
		CW_USEDEFAULT,
		0,
		0,
		0,
		hInstance,
		0
	);
	ShowWindow(hWnd, SW_SHOWDEFAULT);
	UpdateWindow(hWnd);
	while (GetMessage(&msg, 0, 0, 0))
	{
		TranslateMessage(&msg);
		DispatchMessage(&msg);
	}
	return (int)msg.wParam;
}

参考サイト:
BeginPaint関数 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc428337.aspx
EndPaint関数 https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc428553.aspx


kenjinote

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする