この記事は確認用のデモの投稿となります。マークダウンで記述しています。 マークダウン記法を学ぶには こちら のページが参考になります。

太字のテキストはアスタ2つで囲います

2つ目の章立てはシャープ2つを行先頭に付加します

テーブルのサンプルは下記となります。

番号 次の数字 前の数字
十一

画像を貼り付けるには下記のようにします。

Crepe

センターぞろえにするには下記のようにします。

Crepe

コードを貼り付ける場合は、チルダ3つで囲います。

var foo = function(x) {
  return(x + 5);
}
foo(3)

シンタックスハイライトを使うには、バッククォート3つで囲み、初めのバッククォート3つの行末に言語を指定します。

var foo = function(x) {
  return(x + 5);
}
foo(3)

各行に行番号をつけるには下記のように記述します。

1
2
3
4
var foo = function(x) {
  return(x + 5);
}
foo(3)

ボックス

お知らせや注意、エラーなどは下記のように枠で表示することが可能です。:

お知らせ

ノート: お知らせですよ。

警告

Warning: これは警告です。

エラー

Error: これはエラーです。