スクリーンセーバー 自作アプリ

動画スクリーンセーバー作った

Windows標準のスクリーンセーバーに動画を流すものがなかったので、非常にシンプルですが作成してみました。

主な機能

  • 複数の動画に対応
  • ミュート機能(動画内の音声をOFF)
  • ランダムで再生機能(指定順も可能)
  • マルチディスプレイ対応(同じ動画が再生されます)
  • インストールおよびアンインストール機能
  • Windows Media Playerで再生可能な動画ファイルに対応(MP4、AVI、MPG等)
  • 高解像度 4K 動画にも対応

設定画面スクリーンショット

設定画面

設定画面はシンプルです。

「追加」ボタンより動画ファイルを指定します。
「削除」ボタンでリストより選択した動画を削除します。(※動画ファイル自体は削除されません。再生リストから削除されます。)
「ミュート」スクリーンセーバー再生時に動画の音声がミュートになります。
「ランダム」登録された動画リストの動画がランダムに再生されます。

使い方

プログラムをインストールするとスクリーンセーバーの設定画面で「動画」というものを選べるようになります。スクリーンセーバーの設定画面の表示方法は下記になります。

  1. デスクトップの何もないところで右クリックし、表示されたメニューから [ 個人用設定(R) ] をクリックします。
  2. 「 個人用設定 」 が表示されます。 [ ロック画面 ] をクリックします。
  3. 画面を下にスライドし、[ スクリーン セーバー ] をクリックします。
  4. スクリーンセーバーで [ 動画 ] を選択します。
  5. [ 設定 ] ボタンで動画を設定します。

ダウンロード

Githubにて公開しています。下記よりダウンロードが可能です。

ダウンロード

Githubページが開くので、SetupXXX.zipをダウンロードしてください。(XXXの部分はバージョン番号となります)

ソースコード

以下でソースコードを公開しています。

ソースコード

MIT License となっていますので、自由に改変していただいて構いません。


プログラムの不具合やご要望がありましたら、下記のコメント欄に記入していただければ幸いです。対応できる範囲で修正いたします。

-スクリーンセーバー, 自作アプリ