Visual Studio Express 2015 for Windows Desktop の Visual C++ プロジェクトで「新しい項目の追加」で項目が空になる現象とその対処方法

Visual Studio Express 2015 for Windows Desktop をインストールして、Visual C++のプロジェクトを作成後、メニューの「プロジェクト」→「新しい項目の追加」から「C++ ファイル」を追加しようとしたとき、「インストール済み」の項目が空になり「C++ ファイル」が追加できない現象が起こることがあるようです。

新しい項目が空

原因は、Visual Studio のレジストリのパスの値と、Visual C++ のテンプレートのフォルダのパスが一致していないことのようです。

回避方法は、2つあり、レジストリのパスを変更する方法とテンプレートのフォルダのパスを変更する方法です。

レジストリのパスを変更する方法

レジストリエディタで
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\WDExpress\14.0_Config\Projects\{8BC9CEB8-8B4A-11D0-8D11-00A0C91BC943}\AddItemTemplates\TemplateDirs\{F1C25864-3097-11D2-A5C5-00C04F7968B4}\/1
を開き、「TemplatesDir」の値を、
「C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\VCProjectItems」
から
「C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC\VCProjectItems_WDExpress」
に変更します。

テンプレートのフォルダのパスを変更する方法

エクスプローラーで
“C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 14.0\VC”
を開き、
「VCProjectItems_WDExpress」フォルダを
「VCProjectItems」にリネームします。

上記のどちらかを行うことで、Visual C++ プロジェクトで C++ ファイル、H ファイルの追加が行えるようになります。

参考サイト:
https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/0159e682-047e-4a5e-b705-bc1c13f9435e
http://stackoverflow.com/questions/36490769/c-new-file-issue-in-visual-studio-express-2015
https://connect.microsoft.com/VisualStudio/feedback/details/800202/visual-studio-2013-express-rc-no-items-found-in-the-add-new-item-dialog


スポンサーリンク
広告1
広告1

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告1